研究活動

研究活動報告

【5月31日】龍谷大学大学院実践真宗学研究科創設10周年記念 国際シンポジウムが開催されました

龍谷大学大学院実践真宗学研究科創設10周年記念として国際シンポジウムが、那須英勝龍谷大学大学院実践真宗学研究科長補佐・龍谷大学文学部教授の通訳と進行により開催されました。本シンポジウムは、「世界の苦悩に向き合う智慧と慈悲-仏教の実践的研究のための新視座」と題し、ハーバード大学・神学大学院副院長のジャネット・ギャツオ教授による講演と大学院生による討論がなされました。

 

【概要】

シンポジウムの初めに、ハーバード大学 神学大学院 副院長のジャネット・ギャツオ教授により、チベット仏教に学んできた経験および現在取り組まれている仏教に基づいて世界の平安のために実践するリーダーを養成する教育について講演していただきました。また、ギャツオ教授は、仏教の慈悲が他者の苦しみを自分のことのように受けとめようとするいつくしみであり、それが緩和ケアの姿勢に応用できること、さらに生きとし生けるものを尊重する仏教の精神に基づき、動物の喜びや悲しみを理解して、動物をケアし、動物の生育環境を護ることもできると提言されました。レスポンスとして登壇した大学院生への発表に対してギャツオ教授は、「リーダーシップをもてるかどうかは、あなた自身の覚悟、勇敢さによる」と大学院生にエールを送られました。
次に、鍋島直樹龍谷大学大学院・実践真宗学研究科長(龍谷大学文学部教授)より、「龍谷大学大学院「臨床宗教師研修」-寄り添うスピリチュアルケアと伝わる宗教的ケア」と題する発表がなされ、仏教チャプレンのめざす姿は、部屋の片隅にあるくず箱のように、存在を主張せずに、そっと人々の苦悩をそばで受けとめる存在であり、その人の心の支えを確認し、生きる力を育む宗教者であることが提言されました。また、宗教的ケアとは、患者の希望を確認したうえで、仏教の教えをその人とわかちあうことであり、あたかも暗闇に月の光がさすと、ぬくもりを感じるように、苦悩のなかで、自らの人生をふりかえり、過去を変えることはできないが、人生の意味を変えることができることである。宗教者が実践できるのは、宗教者自身に確かなよりどころがあるからであり、大悲に抱かれて、自らの無力さを自覚しつつ、限界を知ったうえで精一杯努力できると説明され、心の悲しみを受けとめる姿をプレイキャッチのロールプレイで説明されました。
最後には、龍谷大学の臨床宗教師研修の活動を紹介した映画Ryukoku Interfaith Chaplaincy Episode 3が上映され、ギャツオ教授より、「トレイニング自体が悲しみの現場で人々のケアをすることにつながっている。もとに戻れない死の現実に向き合いつづけるその姿勢が、仏教者の実践として感じ取られる」とのコメントをいただき、鍋島教授は、「臨床宗教師は、相手に自分の答えを与えて去る存在ではなく、解決のつかない苦悩をともにうめきながら悲しみ、解決できるようにむきあう覚悟をもった宗教者である」と応答されました。

当日は、約120人の学生や市民が集い、心ぬくもるシンポジウムとなりました。願わくは、ハーバード神学大学院と実践真宗学研究科とが、国際的なパートナーシップを築いていきたいと思います。
このたびのシンポジウム開催にあたり、ハーバード大学 神学大学院 副院長のジャネット・ギャツオ教授はじめ、ご支援をいただいた関係各位に心から感謝申しあげます。

(文責 鍋島直樹)

      

【5月31日(木)】龍谷大学大学院実践真宗学研究科 創設10周年記念 国際シンポジウム 「世界の苦悩に向き合う智慧と慈悲―仏教の実践的研究のための新視座」を開催します。

龍谷大学大学院実践真宗学研究科

創設10周年記念 国際シンポジウム

「世界の苦悩に向き合う智慧と慈悲―仏教の実践的研究のための新視座」

Buddhist Wisdom and Compassion in Response to Suffering in the World: New Visions for Practical Buddhist Studies

 

日時:2018年5月31日(木)13:15〜17:00

会場:龍谷大学大宮キャンパス・清和館3階ホール

提言1:「ハーバード大学・神学大学院における実践的仏教伝道者教育の提唱」

講師:ジャネット・ギャツオ

ハーバード大学・神学大学院副院長、ハーシェイ仏教学講座教授

Janet Gyatso, Hershey Professor of Buddhist Studies,

Associate Dean for Faculty and Academic Affairs, Harvard Divinity School

チャールズ・ハリシー

ハーバード大学・神学大学院 沼田恵範仏教文献学講座教授

Charles Hallisey, Yehan Numata Senior Lecturer on Buddhist Literatures,

Harvard Divinity School

提言2:

「龍谷大学大学院「臨床宗教師研修」―寄り添うスピリチュアルケアと伝わる宗教的ケア」

鍋島直樹

龍谷大学文学部教授 龍谷大学大学院・実践真宗学研究科長

 

国際シンポジウム運営委員長・通訳:那須英勝

龍谷大学文学部教授 龍谷大学大学院・実践真宗学研究科長補佐

協力:龍谷大学世界仏教文化研究センター

 

趣旨

人は誰しも、愛するものを失くし、自己を喪失していく悲しみの中で、「なぜこのような目に遭うのか」「生きる意味はどこに」と人は蹲ります。米国では、キリスト教の神学大学院がコアとなり、人々の悲しみや無念さに寄り添いつづける宗教者としての宗教チャプレンの養成と臨床経験の長い伝統を持っていますが、現在、ハーバード大学神学大学院では、実践的仏教伝道者教育の提唱(Buddhist Ministry Initiative)として仏教伝道者を対象とした教育プログラムが運営されています。日本では、米国の宗教チャプレンに相当する臨床宗教師(interfaith chaplain)の養成プログラムは、2012年、東北大学大学院文学研究科実践宗教学寄附講座に初めて誕生し、2014年には、龍谷大学大学院・実践真宗学研究科でもこの臨床宗教教育を開始しました。

臨床宗教師とは、病院、社会福祉施設、被災地などの公共空間で、布教や宗教勧誘を目的とせず、相手の価値観、人生観、信仰を尊重し、生きる力を育む宗教者です。医療、社会福祉の専門職とチームを組み、宗教者として全存在をかけて、人々の苦悩や悲歎に向きあい、かけがえのない物語をあるがまま受けとめ、そこから感じ取られるケア対象者の宗教性を尊重し、「スピリチュアルケア」と「宗教的ケア」を行う宗教者です。臨床宗教師の呼称は、仏教のビハーラ僧やキリスト教のチャプレンを包摂します。宗教宗派を超えて宗教者が協力する願いがそこに込められています。この国際シンポジウムでは、米国のハーバード大学神学大学院で実践的仏教伝道者教育の試みをはじめられたお二人の先生をお招きし、そこで日本の龍谷大学大学院実践真宗学研究科における臨床宗教師研修プログラムの目的と実際を紹介し、国際的な視点から仏教の社会的実践の役割を共に考えたいと思います。

 

 

【荒天予報のため中止】【国際シンポジウム】9/17(日) 仏教をめぐる日本とタイ

開催日時
2017年9月17日(日)9:00〜17:00(開場8:30)
開催場所
龍谷大学 大宮学舎清和館3階ホール
講師
第一部 講演(タイ)
プラ・マハースティ(マハーチュラーロンコーン大学仏教研究所)
 「タイ仏教の変遷と国内外の連携活動」

プラ・チャヤナンタームニー(マハーチュラーロンコーン大学ナーン支部)
 「北タイ貝葉本にみる僧侶の社会的役割」

ピニット・ラーパターナノン(チュラーロンコーン大学社会調査研究所)
セーリー・ウッパタム(スリン県元開発僧・NPO主宰)
プラクルー・ポーティウィラクン(東北タイ開発サンガネットワーク)
 「東北タイの「開発僧」――現在・過去・地域ネットワーク」


第二部 講演(日本)
鍋島直樹(龍谷大学)
「臨床宗教師の役割と実践」

大澤広嗣(文化庁)
「1940年代の日タイ関係と日本人仏教者」

林行夫(龍谷大学)
「日本仏家がみたタイ仏教」

神田英昭(高野山真言宗僧侶)
「タイと日本の仏教は対話できるか?」

第三部 討論会
ディスカッサント
小島敬裕(津田塾大学)
村上忠良(大阪大学)

ファシリテーター
林行夫(龍谷大学)
主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター
後援
タイ王国大阪総領事館
日本タイクラブ
毎日新聞社京都支局
京都新聞

仏教をめぐる日本とタイ

~修好130年の国と人の交流に未来を探る~

Buddhist Interaction for 130 years between Japan and Thailand:

Toward a Further Development of Human Relations

  2017年は、1887年に日本とタイが修好宣言に調印して130年目にあたる。これを記念して、仏教をめぐる日タイ交流の歴史について認識を深め、将来の研究や文化交流の課題を双方向的に検討する国際シンポジウムを開催する。タイからは仏教教育と研究、実践と開発事業に携わる僧侶および在俗の識者、活動家を招聘し、日本のタイ仏教を中心とする研究者、実践者と意見交換するとともに、両国の多元的な仏教と社会の諸相について相互理解を深める。

 

参加費:無料 要事前申込(氏名と連絡先を記載のうえ、メールかファックスにて申込)

メール:    rcwbc-uketsuke@ad.ryukoku.ac.jp

ファックス:  075-708-5611

 

◎ 一般来聴歓迎

◎ 同時通訳


▶︎0917日タイ チラシ_表面

▶︎0917日タイ チラシ 裏面

特別講義「念仏の旅と物語性―本願の構造をめぐって」

開催日時
2014年6月4日(水) 13:15-14:45
開催場所
龍谷大学大宮学舎清風館B103
講師
Mark Ty Unno (Head, Religious Studies, Associate Professor of East Asian Religions, Department of Religious Studies, University of Oregon)
主催
龍谷大学人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター

“The Journey of Nembutsu and Narrativity: Concerning the Structure of the Primal Vow”

「念仏の旅と物語性―本願の構造をめぐって」

 

お問い合わせ:

龍谷大学文学部教務課 TEL : 075-343-3311

龍谷大学人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター TEL : 075-645-2154

CHSR 国際シンポジウム 2013 実践伝道学とチャプレンシー-人間の苦悩と向き合う仏教の慈悲

開催日時
9月26日(木) 13:45-14:45
9月27日(金) 13:15-17:00
開催場所
龍谷大学 大宮学舎清和館3階ホール
講師
特別講演 内藤知康(龍谷大学文学部教授・真宗学科長)
基調講演1:Judith Kinst Daijaku (Director of the Buddhist Chaplaincy Degree Program, Institute of Buddhist Studies)
基調講演2:Richard K. Payne (Dean, Professor of Japanese Buddhist Studies,Institute of Buddhist Studies)
参加者
9/26(木) 170名
9/27(金) 48名

このページのトップへ戻る