研究活動

研究活動報告

【協力事業】2020年1月18日(土)「看仏連携<看護と仏教>地域包括ケア寺院の可能性を考える」を開催します。

日本最大の社会資源・仏教寺院は、全国にその数およそ7万5千。

どんな地域にもお寺はあって、人々の生老病死とともにあった。

僧侶は臨終の枕元に寄り添って、死では終わらない物語を語り伝えてきた。

今、多死社会、無縁社会と言われるが、人はやっぱり住み慣れた地域で最後まで暮らしたい。

それをどこで、誰が、どのように支えるのだろう。

「場」として、「人」として、そして「物語」として、あなたの街のお寺が<人生会議>の舞台となるために。

看護と仏教が協働する「看護と仏教」、渾身のリレートーク230分!

〇日時  2020年1月18日(土) 13:30(開会)~17:20(閉会予定)

〇会場  浄土宗 大蓮寺 客殿

〇参加費 3, 000円

〇対象  僧侶および看護、介護の領域に従事されている方

〇申込  https://forms.gle/dxDgAEoN2ZVKCV6v7

   ※ 満席のためキャンセル待ちにて受付中です。お申し込みは上記フォームではなく、下記

     の應典院の電話番号までお電話にてご連絡ください。

應典院 TEL 06-6771-7641  E-mail info@outenin.com

 

 

【プログラム】

Introduction:なぜ「看仏連携」なのか
秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)

 

Session1:社会資源としての寺院・僧侶の可能性を探る
東海林良昌(浄土宗雲上寺副住職・浄土宗総合研究所研究員)
三浦紀夫(真宗大谷派僧侶・NPO法人ビハーラ21事務局長)
コーディネーター:秋田光彦

 

Session2:がん専門看護師×臨床宗教師~看取り・グリーフケア・ACP・終活
志方優子(JCHO大阪病院がん看護専門看護師)
鍋島直樹(龍谷大学教授・臨床宗教師研修主任)
コーディネーター・河野秀一(㈱サフィール代表・(一社)日本看護管理学会評議員・臨済宗妙心寺派少林寺閑栖住職)

 

Work shop :「モンクandナース・看仏連携のニーズを探る何ができて何ができないか〜」
コメンテーター:大河内大博(浄土宗願生寺住職・(医)日翔会チャプレン)
コーディネート:齋藤佳津子(浄土宗應典院主査)

 

Presentation:「地域包括ケアシステムにおける看護師と寺院・僧侶との連携」
河野秀一

 

 

主催:浄土宗大蓮寺、株式会社サフィール
後援:公益財団法人大阪府看護協会・関西臨床宗教師会
協力:龍谷大学実践真宗学研究科・(一社)お寺の未来まいてら・浄土宗應典院
助成:公益財団法人浄土宗ともいき財団

 

 

チラシPDFのダウンロードは、下記の各リンクをクリックしてください。

チラシ(表)

チラシ(裏)

 

このページのトップへ戻る