研究活動

研究活動報告

【1月17日(木)】新春シンポジウム「臨床宗教師の挑戦 世界の悲しみと共に」が開催されます。

新春シンポジウム
臨床宗教師の挑戦 世界の悲しみと共に

阪神淡路大震災から24年を追悼いたします。
西日本豪雨、北海道地震で復興支援ボランティアをつづけている実践真宗学研究科院生から、活動報告を聞き、LIFE SONGSの演奏を通じて、悲しみを希望にかえるものについて学びます。
あわせて実践真宗学研究科「臨床宗教師研修」成果と展望を紹介します。

 

主催:龍谷大学大学院実践真宗学研究科、世界仏教文化研究センター応用研究部門、人間・科学・宗教 オープン・リサーチ・センター
協力:東北大学大学院実践宗教学寄附講座

 

日時:2019年1月17日(木)16:45~19:00
場所: 龍谷大学大宮キャンパス・清和館3階ホール

 

第一部 悲しみと希望の芸術祭  16:45~17:10
● 災害復興支援活動で学んだこと
代表 原田 真哉 氏(実践真宗学研究科3年、臨床宗教師研修第4期生)
● 音楽ライブ LIFE SONGS
代 表 奥田 章吾 氏(実践真宗学研究科3年、臨床宗教師研修第4期生)

 

第二部 臨床宗教師の挑戦 17:15~19:00
● 特別講義 「臨床宗教師の役割」 17:15~17:45
講師 谷山 洋三 氏(東北大学文学部准教授、臨床死生学、日本臨床宗教師会事務局長)
● 2019 年度臨床宗教師研修募集説明 17:50~18:30
特別上映「臨床宗教師研修で学んだ大切な物語 EPISODE 5」
座長 鍋島 直樹 氏(龍谷大学文学部教授、実践真宗学研究科長)
● 臨床宗教師研修のリフレクション 18:30~19:00
座長 森田 敬史 氏(龍谷大学文学部教授)  打本 弘祐 氏(龍谷大学文学部講師)
第五期臨床宗教師研修生
アドバイザー谷山 洋三 氏(東北大学文学部准教授、臨床死生学、日本臨床宗教師会事務局長)
● 謝辞 那須 英勝 氏(龍谷大学文学部教授、実践真宗学研究科長補佐)

 

お問い合わせ: 龍谷大学文学部教務課(下京区七条通大宮東入大工町125番地の1)

                          tel 075-343-3317

 

                                                                                            

 

 

 

このページのトップへ戻る