研究活動

研究活動報告

【7月4日(水)】特別講義「語られた親鸞ー「親鸞伝絵」の親鸞像ー」が開催されました

2018年7月4日(水)

龍谷大学世界仏教文化研究センター応用研究部門による特別講義として、

「語られた親鸞–「親鸞伝絵」の親鸞像−」が開催されました。

 

今回は、大澤絢子氏(世界仏教文化研究センター博士研究員)により、

親鸞の生涯を描いた絵巻物「親鸞伝絵」における親鸞のイメージとは何か、

それはどのように形成されたのかについての講義が行われました。

実際に絵巻の画像を比較しながら、現在に伝わる親鸞イメージについて、

学生と一緒に考えていきました。

 

 

 

世界仏教文化研究センター応用研究部門ならびに人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センターでは、

今後も随時研究成果を発信していく予定です。

このページのトップへ戻る