研究体制

2017年度 学内研究員

吾勝 常行 龍谷大学
文学部・教授
仏教とカウンセリングの統合的研究
第一、第三研究領域
井上 見淳 龍谷大学
社会学部・准教授
親鸞における三部経千部読誦の意義
第二研究領域
岩田 真美 龍谷大学
文学部・准教授
九条武子における宗教的実践
第一、第二研究領域
副センター長
井上 善幸
龍谷大学
法学部・教授
ヨーロッパの妙好人における死生観と救済観
第二研究領域
猪瀬 優里 龍谷大学
社会学部・講師
社会学から見たビハーラ活動の特質
第三研究領域
打本 弘祐 龍谷大学
文学部・講師
ビハーラ僧と臨床宗教師の実際 スピリチュアルケアとは
第二、第三研究領域
川添 泰信 龍谷大学
文学部・教授
犀の角−アメリカ浄土真宗における伝道の特色
第二研究領域
副センター長
第一研究領域代表
黒川 雅代子
龍谷大学
短期大学部・准教授
遺族へのグリーフケアの理論と実際
第一研究領域
貴島 信行 龍谷大学
文学部・教授
親鸞教学における自信救人信の意義
第二研究領域
葛野 洋明 龍谷大学
文学部・教授
国際伝道論研究
第三研究領域
佐々木 大悟 龍谷大学
文学部・講師
『無量寿経』における救済観
第一研究領域
高田 文英 龍谷大学
文学部・准教授
日本浄土教における人間論ー理想
第二研究領域
武田 晋 龍谷大学
文学部・教授
法然と親鸞における救済観
第一研究領域
龍溪 章雄 龍谷大学
文学部・教授
近代真宗教学にみる死生観と浄土観
第二研究領域
田畑 正久 龍谷大学
文学部・教授
医療と仏教の融合による患者の全人的支援
第二・第三研究領域
第二研究領域代表
玉木 興慈
龍谷大学
短期大学部・教授
親鸞浄土教の人間観と救済観
第二研究領域
殿内 恒 龍谷大学
文学部・教授
『浄土三経往生文類』における救済観
第二研究領域
中平 了悟 龍谷大学
文学部・実習助手
地域社会での臨床宗教師の役割
第一、第二、第三研究領域
那須 英勝 龍谷大学
文学部・教授
比較宗教論からみた救済観
第一、第二、第三研究領域
センター長
第三研究領域代表
鍋島 直樹
龍谷大学
文学部・教授
親鸞浄土教に基づくビハーラ活動と臨床宗教師
第一、第二、第三研究領域
早島 理 龍谷大学
文学部・教授
医療者と仏教者の協働によるビハーラ活動
第二・第三研究領域
深川 宣暢 龍谷大学
文学部・教授
親鸞浄土教を機軸とした伝道の特質
第二・第三研究領域
藤丸 要 龍谷大学
文学部・教授
華厳教学における生死と涅槃の関係
第二研究領域
能美 潤史 龍谷大学
文学部・講師
蓮如教学における救済観
第二研究領域
研究班長
若原 雄昭
龍谷大学
文学部・教授
「インド思想史にみる仏教的死生観と社会実践」
第二研究領域

このページのトップへ戻る