研究成果

研究結果と出版物

2017.5.15 2016年度成果概要

世界仏教文化研究センター応用研究部門「人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)」は、仏教・浄土教を機軸として、現代世界の苦悩や悲嘆に全人的に向き合い、社会の困難を和らげることにつながる実践を産みだす研究を推進する。医療をはじめ、諸科学と協力し、生老病死の苦悩を超える仏教の智慧と慈悲に学びながら、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざす。人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センターは、常設研究センターとして、常設研究と時限的な萌芽的公募研究を置く。2016年度より本常設研究に着手し、2018年度より萌芽的公募研究を開設する。

 

常設研究テーマ「世界の苦悩に向き合う仏教の智慧と慈悲―仏教の実践的研究」

1 常設研究センターが取り組む研究課題

(1)仏教を機軸とした宗教教育への継承と開発(他者への思いやりや生命への慈しみを育む情操教育、

道徳と宗教、臨床宗教教育、宗教多元時代の宗教間教育)

(2)宗教と医療・社会福祉の連携による患者・家族の全人的支援

  (死生学、緩和ケア、グリーフケア、臨床宗教師養成)

(3)仏教と社会実践(大震災復興支援、自殺対策・自死遺族支援、地域寺院活性化)

(4)仏教と環境保護・経済(縁起的生命観の社会的活用、地球と人類の持続可能性)

(5)平和のための宗教間協力と宗教間対話(interfaith partnership for peace)

なお、2015年度~2019年度の文部科学省戦略的研究基盤形成支援事業「アジア仏教文化研究センター」と協力して応用研究部門の研究を遂行することができる。

 

2 萌芽的公募研究

2018年度から、世界の苦悩や悲嘆に寄り添う仏教の実践的研究を積極的に支援するために、応用研究部門に「萌芽的公募研究」枠を設ける。

 

2016年度研究目的

 

2016年度研究成果一覧

2016.3.20 2015年度成果概要

龍谷大学は建学の精神に基づき、生きとし生けるもの全てを迷いから悟りに転換させたいという阿弥陀仏の誓願を依りどころとし、その願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間育成をめざしている。そのために「人間・科学・宗教」の三領域が融合する新たな知の創造に努め、平等、自立、内省、感謝、平和に結びつく研究に取り組んでいる。人間・科学・宗教オープンリサーチセンター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)は、それを具現化しうるセンターとして、2002年4月に設立され、諸科学との対話を通じて、生死の危機を超える智慧と慈しみを培い、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざしている。

「人間・科学・宗教」の三領域の連携による学際的研究と新たな知の創出 20世紀における「科学」的成果は高度な文明を生み出し、世界の経済的発展に多大な貢献を果した。しかし一方で、人類は利潤追求に翻弄され、生命の尊重と平和を求める人類の願いに逆行し、地球環境も壊す結果を生み出した。そこで死の無覚と科学の独走をふりかえり、人間・科学・宗教の三領域が映徹しあい、仏教の縁起説や死生観を鑑とし、人間とすべてのいのちが平等に生かされる共生の世界を構築することを、この研究センターの目的・意義とする。

2015年度成果概要①

2015年度成果概要②

2015年度成果概要③

2015年度研究成果一覧

 

2015.3.20 2014年度成果概要

龍谷大学は建学の精神に基づき、生きとし生けるもの全てを迷いから悟りに転換させたいという阿弥陀仏の誓願を依りどころとし、その願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間育成をめざしている。そのために「人間・科学・宗教」の三領域が融合する新たな知の創造に努め、平等、自立、内省、感謝、平和に結びつく研究に取り組んでいる。人間・科学・宗教オープンリサーチセンター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)は、それを具現化しうるセンターとして、2002年4月に設立され、諸科学との対話を通じて、生死の危機を超える智慧と慈しみを培い、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざしている。

「人間・科学・宗教」の三領域の連携による学際的研究と新たな知の創出 20世紀における「科学」的成果は高度な文明を生み出し、世界の経済的発展に多大な貢献を果した。しかし一方で、人類は利潤追求に翻弄され、生命の尊重と平和を求める人類の願いに逆行し、地球環境も壊す結果を生み出した。そこで死の無覚と科学の独走をふりかえり、人間・科学・宗教の三領域が映徹しあい、仏教の縁起説や死生観を鑑とし、人間とすべてのいのちが平等に生かされる共生の世界を構築することを、この研究センターの目的・意義とする。

2014年度成果概要①

2014年度成果概要②

2014年度成果概要③

2014年度研究成果一覧

 

2014.3.20 2013年度成果概要

龍谷大学は建学の精神に基づき、生きとし生けるもの全てを迷いから悟りに転換させたいという阿弥陀仏の誓願を依りどころとし、その願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間育成をめざしている。そのために「人間・科学・宗教」の三領域が融合する新たな知の創造に努め、平等、自立、内省、感謝、平和に結びつく研究に取り組んでいる。人間・科学・宗教オープンリサーチセンター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)は、それを具現化しうるセンターとして、2002年4月に設立され、諸科学との対話を通じて、生死の危機を超える智慧と慈しみを培い、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざしている。

「人間・科学・宗教」の三領域の連携による学際的研究と新たな知の創出 20世紀における「科学」的成果は高度な文明を生み出し、世界の経済的発展に多大な貢献を果した。しかし一方で、人類は利潤追求に翻弄され、生命の尊重と平和を求める人類の願いに逆行し、地球環境も壊す結果を生み出した。そこで死の無覚と科学の独走をふりかえり、人間・科学・宗教の三領域が映徹しあい、仏教の縁起説や死生観を鑑とし、人間とすべてのいのちが平等に生かされる共生の世界を構築することを、この研究プロジェクトの目的・意義とする。

2013年度成果概要①

2013年度成果概要②

2013年度成果概要③

2013年度研究成果一覧

2013年度個人研究業績報告

このページのトップへ戻る