研究成果

研究結果と出版物

2017.5.15 2016年度成果概要

世界仏教文化研究センター応用研究部門「人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)」は、仏教・浄土教を機軸として、現代世界の苦悩や悲嘆に全人的に向き合い、社会の困難を和らげることにつながる実践を産みだす研究を推進する。医療をはじめ、諸科学と協力し、生老病死の苦悩を超える仏教の智慧と慈悲に学びながら、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざす。人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センターは、常設研究センターとして、常設研究と時限的な萌芽的公募研究を置く。2016年度より本常設研究に着手し、2018年度より萌芽的公募研究を開設する。

 

常設研究テーマ「世界の苦悩に向き合う仏教の智慧と慈悲―仏教の実践的研究」

1 常設研究センターが取り組む研究課題

(1)仏教を機軸とした宗教教育への継承と開発(他者への思いやりや生命への慈しみを育む情操教育、

道徳と宗教、臨床宗教教育、宗教多元時代の宗教間教育)

(2)宗教と医療・社会福祉の連携による患者・家族の全人的支援

  (死生学、緩和ケア、グリーフケア、臨床宗教師養成)

(3)仏教と社会実践(大震災復興支援、自殺対策・自死遺族支援、地域寺院活性化)

(4)仏教と環境保護・経済(縁起的生命観の社会的活用、地球と人類の持続可能性)

(5)平和のための宗教間協力と宗教間対話(interfaith partnership for peace)

なお、2015年度~2019年度の文部科学省戦略的研究基盤形成支援事業「アジア仏教文化研究センター」と協力して応用研究部門の研究を遂行することができる。

 

2 萌芽的公募研究

2018年度から、世界の苦悩や悲嘆に寄り添う仏教の実践的研究を積極的に支援するために、応用研究部門に「萌芽的公募研究」枠を設ける。

 

2016年度研究目的

 

2016年度研究成果一覧

2016.3.20 2015年度成果概要

龍谷大学は建学の精神に基づき、生きとし生けるもの全てを迷いから悟りに転換させたいという阿弥陀仏の誓願を依りどころとし、その願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間育成をめざしている。そのために「人間・科学・宗教」の三領域が融合する新たな知の創造に努め、平等、自立、内省、感謝、平和に結びつく研究に取り組んでいる。人間・科学・宗教オープンリサーチセンター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)は、それを具現化しうるセンターとして、2002年4月に設立され、諸科学との対話を通じて、生死の危機を超える智慧と慈しみを培い、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざしている。

「人間・科学・宗教」の三領域の連携による学際的研究と新たな知の創出 20世紀における「科学」的成果は高度な文明を生み出し、世界の経済的発展に多大な貢献を果した。しかし一方で、人類は利潤追求に翻弄され、生命の尊重と平和を求める人類の願いに逆行し、地球環境も壊す結果を生み出した。そこで死の無覚と科学の独走をふりかえり、人間・科学・宗教の三領域が映徹しあい、仏教の縁起説や死生観を鑑とし、人間とすべてのいのちが平等に生かされる共生の世界を構築することを、この研究センターの目的・意義とする。

2015年度成果概要①

2015年度成果概要②

2015年度成果概要③

2015年度研究成果一覧

 

2015.3.20 2014年度成果概要

龍谷大学は建学の精神に基づき、生きとし生けるもの全てを迷いから悟りに転換させたいという阿弥陀仏の誓願を依りどころとし、その願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間育成をめざしている。そのために「人間・科学・宗教」の三領域が融合する新たな知の創造に努め、平等、自立、内省、感謝、平和に結びつく研究に取り組んでいる。人間・科学・宗教オープンリサーチセンター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)は、それを具現化しうるセンターとして、2002年4月に設立され、諸科学との対話を通じて、生死の危機を超える智慧と慈しみを培い、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざしている。

「人間・科学・宗教」の三領域の連携による学際的研究と新たな知の創出 20世紀における「科学」的成果は高度な文明を生み出し、世界の経済的発展に多大な貢献を果した。しかし一方で、人類は利潤追求に翻弄され、生命の尊重と平和を求める人類の願いに逆行し、地球環境も壊す結果を生み出した。そこで死の無覚と科学の独走をふりかえり、人間・科学・宗教の三領域が映徹しあい、仏教の縁起説や死生観を鑑とし、人間とすべてのいのちが平等に生かされる共生の世界を構築することを、この研究センターの目的・意義とする。

2014年度成果概要①

2014年度成果概要②

2014年度成果概要③

2014年度研究成果一覧

 

2014.3.20 2013年度成果概要

龍谷大学は建学の精神に基づき、生きとし生けるもの全てを迷いから悟りに転換させたいという阿弥陀仏の誓願を依りどころとし、その願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間育成をめざしている。そのために「人間・科学・宗教」の三領域が融合する新たな知の創造に努め、平等、自立、内省、感謝、平和に結びつく研究に取り組んでいる。人間・科学・宗教オープンリサーチセンター(Center for Humanities, Science and Religion 略称CHSR)は、それを具現化しうるセンターとして、2002年4月に設立され、諸科学との対話を通じて、生死の危機を超える智慧と慈しみを培い、仏教の救済観の意義を生かした研究をめざしている。

「人間・科学・宗教」の三領域の連携による学際的研究と新たな知の創出 20世紀における「科学」的成果は高度な文明を生み出し、世界の経済的発展に多大な貢献を果した。しかし一方で、人類は利潤追求に翻弄され、生命の尊重と平和を求める人類の願いに逆行し、地球環境も壊す結果を生み出した。そこで死の無覚と科学の独走をふりかえり、人間・科学・宗教の三領域が映徹しあい、仏教の縁起説や死生観を鑑とし、人間とすべてのいのちが平等に生かされる共生の世界を構築することを、この研究プロジェクトの目的・意義とする。

2013年度成果概要①

2013年度成果概要②

2013年度成果概要③

2013年度研究成果一覧

2013年度個人研究業績報告

2015.11.2 南御堂新聞

記事『臨床宗教師の誕生とその意義(下)』が掲載されました。

南御堂新聞2015年11月1日号掲載記事

2015.10.20 南御堂新聞

記事『臨床宗教師の誕生とその意義(上)』が掲載されました。

南御堂新聞2015年10月1日号掲載記事

2015.10.5 本願寺新報

記事『市民と「いのちみつめて」20年 年4回、仏教の心学ぶ講演会開く』が掲載されました。

本願寺新報2015年9月20日掲載記事

2015.9.29 産経新聞

記事『臨床宗教師 特養で心のケア 高齢者の苦悩やわらげ 「空気のような存在に」 施設側「見習うべき点多い」』が掲載されました

産経新聞2015年9月28日掲載記事

2015.9.16 福井新聞

記事『論説 自殺予防週間 減ってもなお高い水準だ』が掲載されました。

福井新聞2015年9月10日掲載記事

2015.7.3 産経新聞

記事『「死生観と信仰が裏付け」 龍谷大「臨床宗教師」研修 東北大学准教授が講演』が掲載されました。

産経新聞2015年7月2日掲載記事

2015.6.30 産経新聞

記事『奇跡の地蔵に「覆堂」 気仙沼津波で流されるも発見 壬生寺など協力 現地で法要へ』が掲載されました。

産経新聞2015年6月30日掲載記事

2015.6.24 産経新聞

記事『臨床宗教師養成の特別講義 龍谷大が一般公開「民間信仰で救われる」東北大・鈴木教授が講演』が掲載されました。

産経新聞2015年6月23日掲載記事

2015.6.22 産経新聞

記事『自殺対策に臨床宗教師 京都府カフェで傾聴活動 龍谷大と提携』が掲載されました。

産経新聞2015年6月22日掲載記事

2015.6.19 産経新聞

記事『「傾聴 患者は心を開く」龍谷大大宮学舎で特別講義 臨床宗教師雇用の院長講演』が掲載されました。

産経新聞2015年6月18日掲載記事

2015.6.11 産経新聞

記事『臨床宗教師「一緒に地獄に落ちる存在」東北大大学院・谷山准教授が講演 龍谷大大学院』が掲載されました。

産経新聞2015年6月11日掲載記事

2015.6.4 産経新聞

記事『学生僧侶 被災者に寄り添う 南三陸』が掲載されました。

産経新聞2015年6月4日掲載記事

2015.5.2 産経新聞

記事『看護学生に鍋島・龍谷大学教授講演 「患者のそばにいること」「看護は家族の心に残る」』が掲載されました。

産経新聞2015年5月2日掲載記事

2015.5.2 河北新聞

記事『<祈りと震災>(39) 流した涙いつか力に』が掲載されました。

河北新聞2015年5月2日掲載記事

2015.3.25 産経新聞

記事『臨床宗教師脚光  宗教超え災害と向き合う』が掲載されました。

産経新聞2015年3月25日掲載記事

2015.3.17 河北新報

記事『信仰の違い越え連携を 宗教者らシンポ 災害時の役割 提言』が掲載されました。

河北新報2015年3月17日掲載記事

2015.3.16 産経新聞

記事『悲しみに寄り添いたい 龍谷大学で学ぶ藤田さん』が掲載されました。

産経新聞2015年3月16日掲載記事

2015.3.7 京都新聞

記事『生者の悩み 分け持つ 臨床宗教師としての僧侶』が掲載されました。

京都新聞2015年3月7日掲載記事

2015.3.6 毎日新聞

記事『寄り添う基本 同じ ある時はバーテンダー ある時は臨床宗教師』が掲載されました。

毎日新聞2015年3月6日掲載記事

2015.2.10 本願寺新報

記事『「臨床宗教師」宗教、宗派超え育成へ』が掲載されました。

本願寺新報2015年2月10日掲載記事

2015.2.5 仏教タイムズ

記事『龍谷大学 臨床宗教師誕生』が掲載されました。

仏教タイムズ2015年2月5日掲載記事

2015.2.5 仏教タイムズ

記事『龍谷大学臨床宗教師誕生 第1期公共空間でケアへ』が掲載されました。

仏教タイムズ2015年2月5日掲載記事

2015.2.4 文化時報

記事『臨床宗教師養成が加速』が掲載されました。

文化時報2015年2月4日 掲載記事

2015.2.1 本願寺新報

記事『子守唄の心 伝えたい』が掲載されました。

本願寺新報2015年2月掲載記事

2015.1.31 産経新聞

記事『龍谷大大学院 臨床宗教師に11人認証』が掲載されました。

産経新聞2015年1月31日掲載記事

2015.1.30 読売新聞

記事『臨床宗教師講座 社会人受け入れ 龍谷大学』が掲載されました。

読売新聞2015年1月30日掲載記事

2015.1.28 文化時報

記事『龍谷大学 「悲しみから生まれるもの」』が掲載されました。

文化時報2015年1月28日掲載記事

2015.1.21 文化時報

記事『阪神・淡路大震災 20年 臨床宗教師の萌芽を見て』が掲載されました。

文化時報2015年1月21日掲載記事

2015.1.16 毎日新聞

記事『龍谷大学で追悼法要 被災の教授講演』が掲載されました。

毎日新聞2015年1月16日掲載記事

2015.1.16 産経新聞

記事『阪神大震災 あす20年 「世界中からの支援 生きる力に」』が掲載されました。

産経新聞2015年1月16日掲載記事

2015.1.16 読売新聞

記事『あの日の体験 教授伝える 龍大「人々の支援生きる力に」』が掲載されました。

読売新聞2015年1月16日掲載記事

2015.1.15 読売新聞

記事『人文学の現場から 悼む 悲しみと生きるため』が掲載されました。

読売新聞2015年1月15日掲載記事

2015.1.1 文化時報

記事『若者とヒトデ あそかビハーラ病院の大嶋健三郎院長たちに学ぶ』が掲載されました。

文化時報2015年1月1日掲載記事

2014.8.10 熊本日日新聞

記事『広がる臨床宗教師 病院や在宅で緩和ケア』が掲載されました。

熊本日日新聞2014年8月10日掲載記事

2014.7.27 山陰新聞

記事『こころ 超宗派で公共性担保』が掲載されました。

山陰新聞2014年7月27日掲載記事

2014.7.25 佐賀新聞

記事『超宗派で公共性担保』が掲載されました。

佐賀新聞2014年7月25日掲載記事

2014.6.4 中外日報

記事『枠超え臨床宗教師研修 東北大と龍谷大が合同で』が掲載されました。

中外日報2014年6月4日掲載記事

2014.5.24 朝日新聞

記事『苦しむ人の心のケア 龍谷大院がプログラム 育て寄り添う宗教者』が掲載されました。

朝日新聞2014年5月24日掲載記事

2014.5.6 京都新聞

記事『悲しみに寄り添う 臨床宗教師養成』が掲載されました。

京都新聞2014年5月6日掲載記事

2014.4.30 文化時報

記事『臨床宗教師研修を開始 龍谷大学』が掲載されました。

文化時報2014年4月30日掲載記事

2014.4.21 産経新聞

記事『京人 臨床宗教師 自らも実践』が掲載されました。

産経新聞2014年4月21日掲載記事

2014.3.8 文化時報

記事『臨床宗教師育成へ 4月から育成開始』が掲載されました。

2014年3月8日文化時報掲載記事

2014.3.6 毎日新聞

記事『被災者の心支える「臨床宗教師」養成へ 龍谷大全国2例目』が掲載されました。

2014年3月6日毎日新聞掲載記事

2014.3.5 山口新聞(下関)

記事『臨床宗教師を龍谷大が養成へ 病院や避難所でお経』が掲載されました。

2014年3月5日山口新聞(下関)掲載

2014.3.4 中外日報

記事『龍谷大大学院に臨床宗教師講座 4月開設』が掲載されました。

2014年3月4日中外日報掲載記事

2014.3.3 上毛新聞(前橋)

記事『臨床宗教師養成プログラム開設 来月から龍谷大』が掲載されました。

2014年3月3日上毛新聞(前橋)掲載記事

2014.3.2 河北新報(仙台)

記事『臨床宗教師育て 災害時心をケア』が掲載されました。

2014年3月2日河北新報(仙台)掲載記事

2014.2.28 京都新聞

記事『心癒す「宗教者」育て 龍谷大が今春、養成プログラム 被災者や患者をケア』が掲載されました。

2014年2月28日京都新聞掲載記事

2014.1.1 文化時報

記事『恋文「あなたへ」―行方不明の夫に宛てたラブレター―』が掲載されました。

2014年1月1日文化時報掲載記事

2013.12.1 本願寺新報

記事『滋賀医大「医の倫理」僧侶と合同講義 ―宗教者との連携に向け―』が掲載されました。

2013年12月1日本願寺新報掲載記事

2013.11.10 本願寺新報

記事『国際シンポで実践伝道学ぶ』が掲載されました。

2013年11月10日本願寺新報掲載記事

2013.10.30 京都新聞

記事『現代の言葉 「優しく深い真理がある」』が掲載されました。

2013年10月30日京都新聞掲載記事

2013.6.20 本願寺新報

記事「僧侶との出会い、大震災後の「生」の歩み語る-宮城県気仙沼市の菅原文子さん」が掲載されました。

2013年6月20日本願寺新報掲載記事

このページのトップへ戻る