研究活動

研究活動報告

【荒天予報のため中止】【国際シンポジウム】9/17(日) 仏教をめぐる日本とタイ

開催日時
2017年9月17日(日)9:00〜17:00(開場8:30)
開催場所
龍谷大学 大宮学舎清和館3階ホール
講師
第一部 講演(タイ)
プラ・マハースティ(マハーチュラーロンコーン大学仏教研究所)
 「タイ仏教の変遷と国内外の連携活動」

プラ・チャヤナンタームニー(マハーチュラーロンコーン大学ナーン支部)
 「北タイ貝葉本にみる僧侶の社会的役割」

ピニット・ラーパターナノン(チュラーロンコーン大学社会調査研究所)
セーリー・ウッパタム(スリン県元開発僧・NPO主宰)
プラクルー・ポーティウィラクン(東北タイ開発サンガネットワーク)
 「東北タイの「開発僧」――現在・過去・地域ネットワーク」


第二部 講演(日本)
鍋島直樹(龍谷大学)
「臨床宗教師の役割と実践」

大澤広嗣(文化庁)
「1940年代の日タイ関係と日本人仏教者」

林行夫(龍谷大学)
「日本仏家がみたタイ仏教」

神田英昭(高野山真言宗僧侶)
「タイと日本の仏教は対話できるか?」

第三部 討論会
ディスカッサント
小島敬裕(津田塾大学)
村上忠良(大阪大学)

ファシリテーター
林行夫(龍谷大学)
主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター
後援
タイ王国大阪総領事館
日本タイクラブ
毎日新聞社京都支局
京都新聞

仏教をめぐる日本とタイ

~修好130年の国と人の交流に未来を探る~

Buddhist Interaction for 130 years between Japan and Thailand:

Toward a Further Development of Human Relations

  2017年は、1887年に日本とタイが修好宣言に調印して130年目にあたる。これを記念して、仏教をめぐる日タイ交流の歴史について認識を深め、将来の研究や文化交流の課題を双方向的に検討する国際シンポジウムを開催する。タイからは仏教教育と研究、実践と開発事業に携わる僧侶および在俗の識者、活動家を招聘し、日本のタイ仏教を中心とする研究者、実践者と意見交換するとともに、両国の多元的な仏教と社会の諸相について相互理解を深める。

 

参加費:無料 要事前申込(氏名と連絡先を記載のうえ、メールかファックスにて申込)

メール:    rcwbc-uketsuke@ad.ryukoku.ac.jp

ファックス:  075-708-5611

 

◎ 一般来聴歓迎

◎ 同時通訳


▶︎0917日タイ チラシ_表面

▶︎0917日タイ チラシ 裏面

特別講義「念仏の旅と物語性―本願の構造をめぐって」

開催日時
2014年6月4日(水) 13:15-14:45
開催場所
龍谷大学大宮学舎清風館B103
講師
Mark Ty Unno (Head, Religious Studies, Associate Professor of East Asian Religions, Department of Religious Studies, University of Oregon)
主催
龍谷大学人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター

“The Journey of Nembutsu and Narrativity: Concerning the Structure of the Primal Vow”

「念仏の旅と物語性―本願の構造をめぐって」

 

お問い合わせ:

龍谷大学文学部教務課 TEL : 075-343-3311

龍谷大学人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター TEL : 075-645-2154

CHSR 国際シンポジウム 2013 実践伝道学とチャプレンシー-人間の苦悩と向き合う仏教の慈悲

開催日時
9月26日(木) 13:45-14:45
9月27日(金) 13:15-17:00
開催場所
龍谷大学 大宮学舎清和館3階ホール
講師
特別講演 内藤知康(龍谷大学文学部教授・真宗学科長)
基調講演1:Judith Kinst Daijaku (Director of the Buddhist Chaplaincy Degree Program, Institute of Buddhist Studies)
基調講演2:Richard K. Payne (Dean, Professor of Japanese Buddhist Studies,Institute of Buddhist Studies)
参加者
9/26(木) 170名
9/27(金) 48名

このページのトップへ戻る